ブログBlog

食事がおいしくなる入れ歯「金属床」

こんにちは。
 
築地駅より徒歩1分の「いちくら歯科医院」です。
 
 
「食べた物の温度が感じられなくて……」という悩み、入れ歯をお使いの方に多いのではないでしょうか?
 
これは、入れ歯をつけることによって、上顎などに温度が伝わりにくいことが原因です。
 
保険診療の入れ歯の材質がプラスチックと決められているので、強度を持たすため分厚くなってしまうのです。
 
でも「入れ歯だから……」と、諦めないでください。
 
そんな入れ歯の悩みを解決する、快適な入れ歯があるのです。
 
 

快適な入れ歯とは?

お口の中で違和感が少ないもの、かみやすいもの、外れにくいもの、目立ちにくいものなどが、自費診療の入れ歯なら作れます。
 
それは、保険の入れ歯のように使える材料に制約が無いから。
 
また、自費診療の入れ歯は作り方にも制約が無いので、仮の入れ歯を作って、かみ合わせや歯ぐきのフィットなどの調整をしたり、食事の時や会話している時のお口の中の型をとったるすることで、よりお口にフィットした入れ歯が完成します。
 
だから、目立ちにくい入れ歯や、口内で違和感を感じにくくて話しやすい入れ歯、口に入れた食べ物の温度が伝わっておいしく食べられる入れ歯など、快適な入れ歯を作れるのです。
 
 

おいしく食事できる金属床義歯

なかでも、おいしく食べられる入れ歯「金属床義歯」は、上顎にくっついて入れ歯を支える土台の部分に金属を使うことで、薄くできるのが特徴です。
 
例えば、熱いラーメンをすすった時、入れ歯の土台に厚みがあり熱さが伝わりにくいと、ぬるく感じてしまいますね。
 
ところが入れ歯を支える土台の部分が薄い金属製なので、お口に食物を入れたときに熱さ冷たさ感じられるのです。
 
また、自費診療の手順で調整できるので、歯ぐきにフィットし、しっかり噛める外れにくい入れ歯が作れます。
 
今まで食べられなかった硬いものも、入れ歯に慣れると徐々に食べられるようになるでしょう。
 
落としても壊れにくいので、長い間使えることも期待できます。
 
ただし、定期的な点検や、お口に合わせた調整は必要になります。
 
これから入れ歯を作る方は、金属床の入れ歯をご検討してみてはいかがでしょう。
 
 
いちくら歯科医院では、顎の骨や歯ぐきの状態を十分に検査し、お口によくなじむ満足のいく入れ歯(義歯)を提供できるよう心掛けています。
 
また、現在お使いの入れ歯についても、お口にフィットさせ、快適に使っていただくようお手伝いしています。
 
他院でつくった合わない入れ歯の調整についても、お気軽にご相談ください。

あわない、噛めない、入れ歯でガマンしていませんか?

こんにちは。
 
築地駅より徒歩1分の「いちくら歯科医院」です。
 
 
入れ歯で、こんなお悩みはありませんか?
 
「最近、食べものが噛みづらくて、食事が楽しくない」「口をちゃんと動かしているのに、しゃべりづらくなってきた」
 
また、引っ越しや転勤などで、歯医者が変わることはよくあります。
 
以前に通っていた歯医者で作った入れ歯が合わなくなってきたら、どうしたらいいのでしょう?
 
 

あわない入れ歯は「疲れ」や「老け」の原因に!?

おいしい食事も気の合う人とのおしゃべりも、あわない入れ歯では気になって心から楽しめませんよね。
 
そのまま放っておくと、噛む力が弱くなるだけでなく、嚙み合わせも悪くなっていきます。
 
舌を動かしにくくてうまく発音できない、口の周りの皮膚にハリがなくなって老けてみえるのも、あわない入れ歯が原因かもしれません。
 
また、頭痛や肩こりが慢性化する、なぜか気分が落ち込むなど、身体にも精神的にもいいことはありません。
 
 
その上、あわない入れ歯は痛いですよね。つけていられずに外したくなりませんか?
 
ですが、「歯がない」状態で放置していると、歯や身体に悪影響を及ぼします。もっとつらい症状に悩まされる恐れもあるのです。
 
歯を失ったら、必ずお口に合った義歯で補ってあげてください。
 
 

入れ歯には調整が必要!他院でつくった入れ歯もお任せください

入れ歯は、使い続けていくうちに、少しずつすり減っていきます。
 
そして、歯を支えている顎は、年齢とともに痩せて小さくなっていくため、徐々に入れ歯と合わなくなっていきます。
 
入れ歯は定期的にチェックをして、今のお口の状態に合わせるために調整するようにしましょう。
 
また、当院では以前に他の医院で作られた入れ歯も、しっかり調整させていただきます。どうぞ遠慮なく、お申し出ください。
 
 

目指すは80歳で20本の歯をキープする「8020(ハチマルニイマル)」!

目標は、「80歳で20本以上、自分の歯を保ちましょう」。というのも、20本以上の歯があれば、毎日の食事をおいしく食べられる、しっかり嚙めて満足できる、食べる楽しみを感じられるなど、いいことばかりだからです。
 
ご自身の歯で20本以上が理想ですが、きちんと噛める入れ歯なら十分に役目を果たしてくれますから、ご安心ください。
 
さらに、しっかり噛むことで内臓年齢が若くなる、脳が活性化する、という健康効果が多くの研究で明らかになってきています。
 
「8020運動」は、厚生労働省と日本歯科医師会が推進しているエビデンスに基づいた運動ですから、ご自身の健康のために、ぜひ目標にしてください。
 
 
いちくら歯科医院では、入れ歯の治療はもちろん、定期的に入れ歯が快適に噛めるかどうかのチェックをしています。
 
いつもご自身に合った入れ歯で、快適に過ごしませんか?
 
まずは、お気軽にご相談ください。

トップへ戻る