ブログBlog

あなたは大丈夫? 顎関節症になりやすい人の特徴

こんにちは。
築地駅より徒歩1分の「いちくら歯科医院」です。
 
今日は、とても身近な病気である顎関節症のお話です。
 
顎関節症は、顎から「ガクガク」「ポキポキ」といった音が鳴る、顎に痛みを感じる、口が大きく開けられないなどが代表的な症状です。
比較的若い女性に多いですが、幅広い年齢層に見られ、当院にも多くの患者さんが訪れます。
 
顎関節症と診断される方には、いくつかの特徴がありますのでご紹介します。
 
 


かみ合わせが悪い

顎関節症の患者さんの多くが、かみ合わせに問題があります。
かみ合わせが悪いと、噛む度に顎関節や筋肉に大きな負荷がかかるためです。
 
受け口や過蓋咬合(かがいこうごう)などの不正咬合のほか、後天的な理由でもかみ合わせはずれていきます。
 
たとえば詰め物や被せ物の高さが合っていなかったり、歯が抜けた隙間を放置したために全体のかみ合わせがずれてしまったり……。中には親知らずがかみ合わせに悪影響を与えているケースもあります。
 
 


顎に負荷をかける生活習慣やクセがある

顎関節症の患者さんの中には、次のような生活習慣やクセが見られます。
 
・片側の歯だけで噛んでいる
・頬杖
・うつ伏せ寝
・パソコンやスマホを長時間同じ姿勢で見ている
・猫背
 
これらはすべて、歯や顎、骨格、筋肉などに無理な力をかけ続けてしまいます。
それが限界を超えると顎関節症として現れることもあれば、頭痛や肩こりなどの症状に影響している可能性もあります。
 
 


歯ぎしり・食いしばりをしている

歯ぎしり・食いしばり(プラキシズム)も顎関節症と深く関わっています。
 
歯ぎしりや食いしばりで、1本の歯にかかる力はなんと体重の5~10倍! 人によっては1tにもなると言われています。
 
それだけ巨大な力が加われば、歯は擦り減り歯周組織は傷みます。さらに顎関節や筋肉にも大きなダメージを与えることは容易に想像できますよね。
 
 


まとめ

ここまで、顎関節症にかかりやすい方の特徴をご紹介しました。
実際には複数の要因が複雑に絡み合って発症するため、他にも精神的なストレスやケガなどが関係している場合もあります。
 
大切なのは、顎関節症のリスクファクターをお持ちの方はそれを自覚し、できることから改善していくことです。
定期的に歯をメンテナンスしてかみ合わせを維持すること、悪いクセを意識して直すことでも、顎関節症の発症リスクを軽減できます。
 

もしも「顎関節症かな?」と思う症状があれば、築地駅から徒歩1分の歯医者「いちくら歯科医院」へお早目にご相談ください。
当院ではマウスピースを使った顎関節症や歯ぎしり・食いしばり治療をご提供しております。
 


顎関節症についてもっと詳しく >

 

顎関節症って自分で治せるの?

こんにちは。
 
築地駅より徒歩1分の「いちくら歯科医院」です。
 
 
口を開ける時にガクッと音がする、顎に痛みを感じるといった症状を伴う、顎関節症(がくかんせつしょう)でお悩みではありませんか?
 
顎関節症の原因は、ストレスや姿勢の崩れ、歯ぎしり・食いしばり癖などといわれています。
 
痛みや違和感がある際に「これくらいなら大丈夫かな」と自己判断するのは危険ですので、まずは歯科医院を受診することをおすすめします。
 
合わせて、症状を改善するためには患者さん自身によるセルフケアも大切です。
 
これから普段の生活で気をつける点と、自宅でできるセルフケアをご紹介します。
 
 

日常生活で気をつけるポイント

うつ伏せ寝・猫背・頬杖などのクセは体の左右のバランスが崩れ、噛み合わせの悪さに影響を及ぼしますので、やめましょう。
 
食いしばり、歯ぎしりは顎と歯に負荷がかかります。
 
集中するときは意識して口元をリラックスさせて、食いしばりをしないように気をつけましょう。また、就寝時に歯を守る対策として「ナイトガード」を活用するマウスピース療法もあります。
 
食事の際には、左右の歯でバランスよく噛むように意識しましょう。
 
 


痛みが落ち着いている時のセルフケア

口を動かすと痛むが、安静時には症状が落ち着いている際に行うセルフケアをご紹介します。
 
●患部を温める
 
1日に20分間ほど蒸しタオルを当てて温めると症状の緩和が期待できます。ただし、痛みが増すようでしたら中止してください。
 
●マッサージをする
 
口を開けた時に痛む場所を、手のひらまたは2~3本そろえた指先で優しく円を描くようにマッサージしてみましょう。
 
蒸しタオルで温湿布をした後や、入浴後に行うのがおすすめです。ゆっくり優しくほぐすように行います。
 
力を入れ過ぎてしまうと、顎に負担がかかりますので注意が必要です。
 
 


痛みが強い時のセルフケア

口や顎を動かしていなくても痛みが強い時は、とにかく顎に負担をかけないように心がけてください。
 
●食事は、やわらかいものや小さめのものを食べる
 
スープやヨーグルト、おかゆなどやわらかい食べ物か、果物・野菜などはなるべく小さめに調理することをおすすめします。
 
特によく噛まなければならない物は避けましょう。
 
●あくびの際に顎に手を添える
 
あくびが出る際には、できれば下顎に手を添えて軽く押さえると、口が大きく開くのを抑えられて、顎の負担を減らせます
 
●患部を冷やす
 
急性の時には患部を冷やすことで痛みや腫れの軽減が期待できます。方法としては、氷や保冷剤を薄いタオルに包んで10分程冷やしましょう。
 
 


まずは、歯科を受診!

顎関節症は、セルフケアで症状を和らげる効果には期待ができますが、自己判断は症状を悪化させる恐れがあるため危険です。
 
当院では、顎関節症の原因を探ることにより治療方法を決定し、治療をはじめます。
 
顎関節症の疑いがある際には、まずは歯科を受診することをおすすめします。

トップへ戻る